ビル・マンションの大規模修繕工事・防水改修工事のことなら日興化成におまかせください。

日興化成株式会社 homeプライバシーポリシー
会社案内業務案内大規模修繕工事防水工事塗装工事お問い合せ
過去のニュース

ニュース

2014.10.21  佳作受賞


小笠原 正造は、関西防水管理事業協同組合の平成25年度写真コンテストにおいて「佳作」を授賞いたしました 。
環境対応型ウレタン塗膜防水通気緩衝工法(OSTB-3S)
2013.10.22  銀賞受賞


稲冨 浩之は、関西防水管理事業協同組合の平成24年度写真コンテストにおいて「銀賞」を授賞いたしました 。
環境対応型ウレタン塗膜防水通気緩衝工法(OMTW-3A)
2013.05.08  50周年設立記念パーティー(創業81年)
 


おかげさまで平成25年度をもちまして、50周年を迎えることが出来ました。 これも偏に皆様方のご支援ご協力があったからこそと、心より感謝致します。 この節目を契機により一層努力して参る所存でございますので、どうぞ末永くご指導ご愛情を賜ります様、宜しくお願い申し上げます。
2013.02.18  テレーズ神崎川大規模修繕工事
 


【代表取締役 泉 勝之】
この度は管理会社の小池社長様より感謝状を頂き大変光栄に思います。 こちらのマンションは賃貸物件なのですが、小池社長様は「住んでいる方に分譲マンションのような居心地で過ごしてもらいたい。」と言っており、この工事にかける意気込みと弊社に対する期待感をひしひしと感じました。

現場所長の小笠原をはじめ作業員一体となって品質の良いグレードアップする作品を造ろうと愛情をもって取り組みました。結果的に満足のいく作品が出来たと思います。小池社長様・居住者様にも喜んでいただき、大変うれしく、テレーズ神崎川が記憶に残る素晴らしい作品となりました。今後とも、皆様に喜んで頂けるように努力してまいります。


【現場所長  小笠原 正造】

今回の工事で1番重要視した点は、鉄骨階段・廊下とバルコニー手摺が亜鉛メッキの塗装でした。ほぼめくれて浮いている状態でしたので、同じ状態にならない為に、塗装仕様のグレードを引き上げ、また塗装下地面を出来る限り虚弱部、浮き部は除去し、入念に塗装を行いました。

当マンションは、賃貸物件であり着工前の工事説明会で居住者様より多数苦情等が御座いました。なぜなら、賃貸の居住者様には工事をすることが大変抵抗があったみたいで反対意見が御座いました。私は大変生活に負担となり迷惑を掛けるのだと痛感いたしました。

居住者様に出来る限り負担を掛けない様に、材料の選定・工事の進め方を再検討致しました。結果、工事が進捗するにつれて居住者様ともコミュニケーションが取れご協力もあり、無事工事を終える事が出来きました。竣工した時、居住者様から新築時を思い出したと言われた時は、うれしかったです。 今後、アフター点検を定期的に行い、見守っていきます。

2012.11.15  銀賞授賞
山村顕二が、関西防水管理事業協同組合の平成23年度写真コンテストにおいて、『銀賞』を授賞いたしました。
環境対応型ウレタン塗膜防水通気暖衝工法(OSTW-3A)
2010.10.22  茨木市内マンション大規模修繕工事

【畑村晋也理事長】
今回の工事は梅雨等にも重なり大変だったと思います。また傾斜地にあるマンションのため施工上いろいろな面で苦労されたと思います。こうした中でも管理組合のさまざまな意見や要望に素早くかつ丁寧な対応をしてもらい、とても感謝しております。

また現場工事の作業員の方々も気持ち良いあいさつなどでとても安心しました。大規模改修は住民が住みながらの工事ですので現場代理人をはじめ、作業員の方々と私たち住民との日々のコミュニケーションが非常に大切だと実感しました。そこでお互いがまず「あいさつ」するという意識が信頼感や安心感につながると思います。今後もさまざまな工事を行う必要がありますが、末永くお付き合いできる信頼関係が今回、築けたのではないかと思っています。


【口輪純也現場代理人】
今回の大規模修繕を行ったマンションは傾斜地にあり、前の道路は通勤、通学で人通りが多いという厳しい条件の中、安全性を考慮した計画を立てることが一番重要な現場でした。また、見通しの悪いコーナー部分や規制の掛った道路、建物に隣接している電柱のほか、傾斜地のため、材料を大量に運搬できないなど、仮設計画を練る上では大変苦労しました。

工程と作業については、居住者や近隣住民の方とのコミュニケーションを重視し、進めました。日ごろから、大規模修繕を円滑に進めるためのコミュニケーションやマナーなどについては、社内で徹底した指導が行われています。それを現場でも最も大切なこととして、心掛けていたのです。各作業責任者との打ち合わせも随時、行うことで工事はスムーズに進んだと考えています。わたし自信、現場代理人という立場で、居住者の皆さんや各作業員との信頼関係を深めることができたと思っています。品質は元より、笑顔が出る雰囲気の良い現場作りができたことは、大変満足しています。わたしにとっても、大きな財産となりました。工事にご協力いただいた修繕委員の方や居住者の皆さん、現場を指導していただいた監理者、近隣の方には大変感謝しております。
2010.01.01  建通新聞掲載『初心忘れず1件1件』

【代表取締役 泉 勝之】
1970年から改修工事業を始め、現在は改修事業が100%。当初は、官公庁の小規模改修工事を主に手掛けていたが、公共事業の減少から5年ほど前にマンション大規模改修に乗り出した。

「マンションの大規模改修を始めたころは、考え方が甘かった」と振り返る。「それまでの工事は、どちらかというと現場代理人に任せきりだった。しかしマンション大規模改修は、残業や休日出勤も多く、会社全体が現場の状況を把握しバックアップしなければ良いものはできない」と防犯対策や安全対策のほか、作業員の代休が取れる社内環境などに力を入れ、取り組んでいる。そして、32年に防水工事業として設立し、漏水にかかわる小規模修繕の数多くの実績から、外壁の下地補修や防水のノウハウ、知識が蓄積されており「建物内に水を入れない」改修を強みにしている。

大規模改修も軌道に乗り現在は、大阪を中心に近畿一円で施工する。「一番大事なことは顧客との信頼関係。どんどん広げるのではなく、1件ずつ確実にこなしていきたい。」と語る。また「社員と協力業者が団結しなければ大規模改修は成功しない」と安全協力議会や防水・塗装メーカーの技能・安全・新工法などの講習会を定期的に開催している。今後は「初心を忘れず、1件1件集中して確実で品質の良い工事を続けていく。そして地球環境や世界平和にも貢献できる会社になっていきたい」と語る。
2010.06.29  鶴見緑地ガーデンハウス大規模修繕工事

【代表取締役 泉 勝之】
この度は管理組合様より感謝状を頂き、ありがとうございました。 大規模修繕工事を無事に終えることが出来たのも、修繕委員の方を始め居住者様全員に、大変協力していただけたことが、すばらしい作品につながったと思います。 現場代理人をはじめ作業員全員の工事中の疲労が、管理組合様の感謝のお言葉で、喜びと自信につながって行くと思います。 この感謝状を更なるステップアップとし、皆様に喜んで頂ける工事をこれからも社員一同取り組んで生きたいと思います。

【現場代理人 稲冨 浩之】
当マンションは機械式駐車場が建物に周辺部にあり、仮設計画・工程管理が非常に難しかったです。居住者様への負担の軽減・安全を配慮した計画を作るのに、各職長との打合せを綿密に行いながら大変苦労いたしました。 工事の中盤で、全住戸へ「大規模修繕工事についての感想」を配付しご意見・ご感想を記載して頂いた時に、居住者様の本音の意見が聞くことが出来コミュニケーションがとれました。私をはじめ各協力業者作業員が居住者様の気持ちになってモチベーションが下がることなく最後まで出来、満足のいく仕事が出来ました。本当に感謝いたします。

【監理技術者 寺村 栄晃】
今回の工事の最大のポイントは、足場仮設工事でした。当マンションは、廊下でつながっていますが、東西に高層棟2棟、中央に低層棟2棟という配置になっており、西側高層棟から足場設置をスタートし順次行ってまいりました。4カ月の工期の中、鳶の職方が現場にいない期間がわずか約1カ月という変則的な工程となりましたが、スムーズに進行、完了することが出来ました。 スムーズな工事を実現できたのは居住者様とのコミュニケーションでした。居住者様より作業員全員がマナーの点で大変評価して頂いたことにより、複雑な日々の工程・作業内容がご理解・ご協力して頂き工期を守ることができました。 修繕委員の皆様、居住者の皆様、監理者様へ心から感謝を申し上げると共に、近隣住民の皆様方には修繕工事が無事完了した事をご報告申し上げ、お礼申し上げます。
2010.05.06
2009年度、日興化成は西アフリカの子供達を苦しめている
マラリアの予防・熱帯林再生植林活動に支援いたしました。
※SUPA(サパ)=西アフリカの人たちを支援する会

2010.04.13
泉 幸夫は、2008年5月26日に関西地区で建築物の
エポキシ樹脂注入工法を導入した先駆者の1人として、
「日本建築仕上学会学会賞の技能賞」を授賞いたしました。




PAGETOP
お電話でのお問い合せ 06-6101-1000 AM9:00〜PM5:00(土・日・祝日を除く)
インターネット でのお問い合せ
日興化成株式会社
〒532−0036 大阪市淀川区三津屋中3丁目9番26号 TEL.06-6101-1000 FAX.06-6101-1001
Copyright (C) 2010 Nikkoukasei Co.,Ltd. All Rights Reserved.